スギ構造材、出荷しました!!

台風が来たり、昼は暑かったりと今の季節は夏ですか?

よくわからない感じでありますが、がんばっています

うもイトキの伊藤です。

さて、そんな気候とは裏腹に、期限までに納める、
いわゆる「納期」ってヤツが迫ってきております

製造業である以上、この納期ってヤツ次第で得意先の段取りも

変わって来るわけで、それと同時に納期を出す以上、

メーカーとしてはそれに縛られる訳でもあります。

そんな訳で以前より、ご発注いただいた物を本日配達いたしました

物はこれです!
image

愛知県産材、スギの構造材です。

製品管理が本当、大変でした(スタッフの方、本当ご苦労様でございました!)

何が大変だったというと、JAS等級に対する品質でした。

材面の品質はもとより、一番大変だったのは含水率と呼ばれる

ものです。読んで字のごとしですが、簡単に言いますと木材に含まれる水分の割合です。

材料の種類にもよりますが、杉材で含水率20%以下はもとより、

15%以下、指定になると管理が大変難しいです。

人工乾燥釜で温度をガンガン上げて、木をカラッカラッにして

してしまえば、良いかもしれないですがそれの、代償に、

木材断面、内部破壊した状態になってしまいます。

いわゆる業界用語ですと「内部割れ」という奴です。

この内部割れは、強度に影響するためない方が言い訳です。

しかしながら、現状、日本農林規格いわゆるJAS材に関してそのような、縛りがないのが現状です。

中身を割ってみないと一般的にはわからない「内部割れ」材。

機会があったので弊社で乾燥した材料を製材して割ってみました。

image
材料は105×240です。

これを105角に製材してみました。

(色、人工乾燥にしてはいいでしょ。業界関係者ならわかりますよね)


image


image
ほぼ、芯のところで割ってます。

内部割れがないでしょ。


合計、200本くらい割りましたがほとんど、内部割れはなく、かつ

含水率20%以下という測定結果となりました。

そんな実験はさておき、

今回は、本当、過密なスケジュールの中、お疲れ様でございました

関連記事

  1. 研修いっていきました

  2. それから、それから

  3. 中身も⁉︎重要なんです

  4. レッドシダー(米杉)加工板、作成中

  5. 売りたくても売るものがない!!

  6. 愛知岡崎市、地元ヒノキ材、製材してます!!

  7. 乾燥機本体

    減圧乾燥機

  8. 熟成!?してます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 杉柾目 カウンター材

リンク

あいち里山の木の会
PAGE TOP