スギ赤身ラフパネル

国産杉、赤みにごだわったラフパネル人気です!!

ブログ作成して気づいたのですが、当ブログも投稿100回達成です

まあ1か月、数回の投稿で、

よく飽き性な自分でも続いたと思います。

さて、ここ最近人気急上昇の製品があります。

国産杉の赤みだけの仕上げ肌にこだわり、表面にヴィンテージチックなテイストを残した

当社「いちおし」の杉ラフパネルです。

(PLして申し訳ありませんが、欠品中につき誠にご迷惑をお掛け致します


IMG_6450製材屋にとって帯鋸はごく当たり前。

しかし、乾燥して製品として、このテイストを残すのは、

実は結構、手間暇かかります。

IMG_6440

IMG_6443

IMG_6442最大の特長はこのテーパー加工された雄実です。

雄の長さがだけで1cmもあります。

有効巾130mm、厚み18mm

杉ラフパネルは主に外壁使用を目的に開発した製品。さらには店舗様などの土足用の床や内装の壁・天井材の使用目的で開発しています。

直射日光、雨水、湿気など過酷な環境化が見込める場所には、必ず木材は

伸び縮みするため、この特殊な目地が動いても目立ち難くなっているのが

最大のポイントです。

また、赤みなどの芯材を使うことで白太を含む材とは異なり、

腐朽に強く、意匠性だけでなく仕上げ面をラフ仕上げ(製材肌)にすることで塗料の食いつきがよいため、メンテナンス期間を向上させているのがポイントです。

日本にごく当たり前に育っている杉。

白太と赤みが混在して、しかも節だらけ。

正直、きれいとは良い難く、実は自分自身も実は好きではありません。

でもちょっとしたアレンジでいままで杉かぁ~って人に

これ杉なのって受け入れられる”かたち”に変わっていくのがすごく面白く、自分としてもヤリガイを感じている次第です。

しかし自分でいうのも何なんですが「杉ラフパネル」

あじがあって良い感じです

外壁はもとより、内装に使うとメチャかっこいいです!!

 

関連記事

  1. 製材機、竣工

  2. ぱっくり割れてしまう「水割れ」の危険性

  3. テーブル、ベット、ベンチ、椅子を現場施工してきました!

  4. 杉無垢階段材加工

    杉無垢、階段材加工しました!!

  5. 愛知岡崎市、地元ヒノキ材、製材してます!!

  6. 三河材、桧

    水平連帯!!

  7. 無垢加工階段やってます!!

  8. 杉デザインパネル

    現場、レポート!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 杉柾目 カウンター材

リンク

あいち里山の木の会
PAGE TOP