製材職人、育成中!!

製材を行うにあたって製材機械がないと加工出来ないですが、それを扱う人間がいないと、もちろん加工できません。
林業、木材産業の衰退に伴い、中々、職人が少なくなる業界でのあります。
特に、製材業は、危険性が高く、うるさく、暑い、寒いと言った環境の中、
好きでなければ、出来ない職種だと思います。

そんな大変な製材業ですが、高齢化に伴い、全国でも大変な時期を迎えていると思いますが、次世代の職人育成のためにも、弊社でもがんばっているスタッフがいます。
image次世代といっても二人とも40代なかばの「オッサン」ですが…

2人とも一生懸命になって操作を覚えています。

感謝感謝です


 

image


帯鋸と呼ばれる鋸刃が高速回転して製材する。
その距離は数メーターほどですのでとても危険です。
刃物の「へたり」により鋸が切れることもあるので
うるさいながらも微妙な鋸が回転する音を聞きわけ、少しでも異音を素早くキャッチすることも
職人としての技量でもあります。
貴重な人材、急がずゆっくりと二人にはがんばっていただきたいです。

関連記事

  1. 木材の整理整頓はむずかしい!!

  2. 売りたくても売るものがない!!

  3. 杉フローリングおよび羽目板の原板

    フローリング、羽目板製造中!!

  4. 三河スギ製材挽きパネル

    新作発表会!!

  5. 米ヒバ、木製サッシ

  6. 愛知県産材の家

    愛知県産材、普及に関して

  7. 「いいネタ」はいりました!!

  8. スギ柾目、羽目板、配達中

    嫁入り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 杉柾目 カウンター材

リンク

あいち里山の木の会
PAGE TOP