枠材、傾斜加工

特集‼︎斜め加工

改めまして2017年、あけましておめでとうございます。
最初のブログは、斜め加工特集でございます。
斜めの傾斜加工は外部に使われる材料などで多く、
材料ごとに傾斜角度が違うため、毎回、専用の冶具を作成してから、加工するのがほとんどなので
手間はかかります。

斜め加工ほとんど斜め加工された材料。
木製サッシに使用される鴨居材などの上枠が大半です。


KIMG2027 1傾斜勾配をつけた冶具(パッキン)を両面テープで貼り付けます。
この冶具を正確に作らなければ、目的の加工にすることは不可能です。


KIMG1314この写真は右下についているのが冶具。


KIMG1091-e1472036557765-169x300ちなみに弊社では傾斜盤を使用して冶具を作成いたします。


KIMG1518いくらか残して傾斜を途中で止めることも可能。


KIMG1516どっさりの量があります


斜め加工ガッツリ傾斜。
床の段差を解消させるいわゆる床見切り部材です。


桧、斜め加工極めつけは、両方からの斜め加工、材料巾20cmもあります。


KIMG2307しかも、これまた、どっさり


傾斜のサイズにもよりますが、丸鋸の刃が届くような材であれば、
角度をあわせれば、加工は容易ですが、
サイズが大きいと冶具作成の上、
切削量にもよりますが、何度もプレーナーに投入して切削しなければ、ならないので手間はかかるんです。

関連記事

  1. こんな加工もやっています‼︎

  2. 明けましておめでとうございます!!

  3. 杉デザイン力

    力作です!!(意匠権申請中)

  4. 「いいネタ」はいりました!!

  5. スギ赤身ラフパネル

    国産杉、赤みにごだわったラフパネル人気です!!

  6. 杉椅子の貫

    木材の加工に関することならだいだいやれます‼

  7. 無垢階段材

    無垢階段材、出荷しました‼︎

  8. 三河材 スギ ツーバイ材

    愛知三河材、杉ツーバイフォー材!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 杉柾目 カウンター材

リンク

あいち里山の木の会
PAGE TOP