押壁で建前‼︎

早、2月です。

本物件を行うまで恥ずかしながら、押壁(送壁)なるものの意味がわかりませんでした

壁を押す、その名のごとき、壁を押すから押壁なのです。
説明になってませんが…

まずは、写真を
KIMG2329

 


北面の壁ですが、この壁をずレッカーで吊って移動させるのです。
KIMG2320足場のネットで分かりづらいですが
50cm程度移動させます。


KIMG2324

隙間が全然ないので既にサッシや仕上げの外壁材まで施工済です。


 

KIMG2318重量級のレッカーの助けを借りて
吊り上げます。
その重量はおおよそ3トン弱でした。
奥にあるのでブームを倒さないと
届きませんのでレッカーの負荷も相当ではないでしょうか。


KIMG2339大人数でバランスを取りながら、
北面の土台の通りに移動させます。


KIMG2334


なんとか、納まりました
中々、ない経験をさせていただきました。

関連記事

  1. JAS認定取得!!

  2. 加工材、てんこ盛り!!

  3. 杉フローリングおよび羽目板の原板

    フローリング、羽目板製造中!!

  4. 桧、大径木の製材

    桧、大径木丸太、製材しました‼︎

  5. 工場見学です!!

  6. 雑感!?

  7. 営業スタッフ急募!!

  8. 桧試験片

    検査しています!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 杉柾目 カウンター材

リンク

あいち里山の木の会
PAGE TOP