杉椅子の貫

木材の加工に関することならだいだいやれます‼

表題通り、木材加工に関わることなら何でもやります。
それは、製造業に携わる以上、絶えず新しいことにチャレンジしていきたいと思う考えから常に挑戦です

縁あって新築住宅の材料を入れさせていただきましたお施主様用に
家具関連を作成させていただくこととなりました。
家具の種類はダイニングテーブル、椅子、ベンチ、そしてベットです。
ちなみにすべて愛知県、三河産の杉材です。
家具屋さんではないですが挑戦できることは、ポジティブにトライしていくのが
私のモットーです。

この中で初挑戦なのがベットです。
まずはともあれ、完成品はこちら↓
杉材、ベット2台分のベットです。
家具業界的にいう「箱物」なので
仕口さえしっかりできれば
問題なしです。


KIMG0306


こちらは初挑戦でしたが、バッチリできました。
「ノックダウン式」いわゆる「ばらす」ことが可能なので
コンパクトに配送でき設置場所で組み立てることが可能です。
続いて、ダイニングテーブルとベンチです。
KIMG0308脚と幕板です。


KIMG0293
脚部は鬼目ナットと打ち込み、
さらに、ダボ加工をします。


KIMG0296
ボンドをぬりぬりして


KIMG0297
こんな感じ
さらに


KIMG0298
金物で補強
手前ミソですが、完璧な仕事でしょ


天板は同じく杉の無垢一枚板で、水銀灯でぼやけてますが
真ん中にアクセント的にチーク材を埋め込んでます。
杉一枚板天板


最後に紹介するのが、椅子です。
何度か製作しましたが一番、手間がかかります。
まずは背板↓
KIMG0265
背中に添ってR加工します。


KIMG0233
ひたすら南京鉋で
削りまくります。


KIMG0241
杉なのでしっかりとした仕口を作ります。


KIMG0275
上記のメス木です。
これがドッキングすると

 

 

 

KIMG0278
こんな感じでバッチリ納まります。


そして椅子の完成品写真は、こちら
杉椅子

 


杉椅子、背板
南京鉋で削りだした背板です。
木目がど真ん中


杉椅子の貫
貫の加工もバッチリです。
堅木であるナラ材のクサビを打ち込んであるので
しっかりしています。


取り合えず、苦労はしましたが何とか納品できそうです。
納品日は明日、6月10日のギリギリの完成でしたが、
妥協なくしっかり作りこめました
明日は9時、現場着なので、最後までしっかり仕事をしていきたいと思います。
納品時のレポート、乞うご期待

関連記事

  1. 杉フローリングおよび羽目板の原板

    フローリング、羽目板製造中!!

  2. 桧、芯去り、無節

    緊張します

  3. 現場レポート!!

  4. 木材利用ポイント

  5. レッドシダー造作加工材

    米杉(レッドシダー)加工しました

  6. 米ヒバ、木製サッシ

  7. 工場見学です!!

  8. ベニヤがない!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 杉柾目 カウンター材

リンク

あいち里山の木の会
PAGE TOP