手鉋

仕上げの方が大変なんです。

弊社のホームページもリニューアルしました。
今年も後2カ月ちょっとに迫って夏を過ぎると例年のごとく
一年のはやさを感じます。

さて表題通り、多分ですが、
木材業界だけでなくいろんな業界でも、仕上げというのは大変な工程であると思います。仕上げをどのレベルに持っていくかにおいても基準次第では大変な作業になるのではないでしょうか?
例えば、木材で言うならば、無垢家具材など研磨工程を疎かにすると塗装した時に、そのまま影響してクレームとなって跳ね返ってきます。
事実、塗装屋さんは研磨がメインで塗装工程より多くの時間を要しています。

仕上げレベルにより、研磨のレベルも当然変わってきます。ピアノ塗装と呼ばれるレベルを追及するか現場塗装でよしというレベルでは、雲泥の差が生じます。(決して現場塗装がダメということではありませんのであしからず)

弊社で加工するのは主に、住宅用途の使用される枠材ですが、一般的に家具や楽器というような仕上げ精度は要求されませんが、それでも仕上げ工程には労力を費やします。
仕上げ工程に使われるには、サンダー仕上げと鉋仕上げですがこれは、使用場所によって使い分けられてます。

オービタルサンダーオービタルサンダー
ランダムサンダーランダムサンダー
弊社で使用している電動サンダーは、主に上記、2種類。
テーブルなどの巾広い面を研磨する場合は、電動工具では時間と労力を要しますので、
ワイドベルトサンダーという機械で研磨します。
ワイドベルトサンダーワイドベルトサンダー
巾1300まで入るので巾広い材料を研磨するときには、
重宝します。
フローリングや羽目板なの同じ厚みの材の仕上げにも
並列させて通すことで、
生産効率が上がります。

和室は鉋仕上げで「超仕上げ」とも呼ばれています。桧や杉などの白木など和室用途で使用するなら、常識的に超仕上げです。
それ以外の用途なら大概、サンダー仕上げでokです。

しかしながら、ワイドベルトサンダーで仕上げれる部分は、機械に頼ればよいですが、
機械で仕上げることができない部分はやはり、道具を使って手で研磨するしかありません。
サンダーで研磨されるのはコンマ数ミリなので、削りが多い時は、とても大変な作業となります。

そこで必需なものは、なんといっても手鉋です。鉋を極めれば、仕上げが格段と向上します。ある程度、鉋で仕上げてから、サンダーを掛けて仕上げる。
めちゃくちゃ効率があがります。
手鉋自前の鉋です。
使わないと鉋台が狂ってしまうので
調子を維持するのには、
大変なのです。

ですがこれまた、問題があり、この鉋を使いこなすには、大変な月日と労力を要します。
刃の研ぎ方や台の直しといった具合に、一つでも「調子」がよくないとうまく削ることができないので
これまた、熟練者でなければ一人前に使いこなせません。

いい機械が入っても一流の職人の目利きや技量に、勝るものはないと思いますが、
昨今の職人不足の中、有能な職人さんを確保、育成してくのが、
弊社にとっても重要な課題の一つです。

関連記事

  1. ヒノキ破風

  2. 清掃後

    恒例、毎週金曜日

  3. 三河スギで椅子作り

    椅子も作っちゃいます。

  4. シューズクローゼットを改造してきました!!

  5. 難加工でした!!

  6. 愛知県産材の家

    愛知県産材、普及に関して

  7. 中身も⁉︎重要なんです

  8. スギ柾目集成材

    スギ柾ハギテーブル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 杉柾目 カウンター材

リンク

あいち里山の木の会
PAGE TOP