レッドシダー

枠材、てんこ盛り

すごく天気が非常に悪いです。秋雨前線、台風の影響で1週間以上、雨が降っているのではないでしょか?
そんな中、短納期での加工依頼が入ってきました!!
枠材なのですが、
一般的に内装に使用される造作材は、材料のサイズが大きくないのですが、
外部で使用される木製サッシ枠のような材料ですと
大きくなる傾向があります。

材料が大きくなるということについていくつか項目をあげたいと思います。

  • 加工において材料の取り回しが悪くなる。
  • 機械に入らなかったり、刃物において切削制限が出てくるため、手加工が増える。
  • グレードのよい無節材の手配が困難になる。
  • 断面が大きくなるので乾燥材の手配が困難になる。

などがあげられます。
結果として材料費と手間がかかりコストアップにつながってしまいます。
そうなんです、いいことはあまりないのですが、
大型の木製サッシは開放的でゴージャスな空間を創り出すのは間違いなしです。👍
レッドシダー
レッドシダー(米杉)ですが柾目で、
巾広い材料です。

レッドシダー
巾270mm以上あり、現在のレッドシダーの入荷状態からしても
あまりないサイズです。しかも乾燥材でないといけません。


レッドシダー
失敗したら手配に時間がかかり、また当社としても
大損ですが、なんとか溝を突き終えることができました😅


写真ではわかりにくいですが、木製サッシにはよくある傾斜加工です。
サイズが巾200㎜以上あるので、丸鋸の刃では加工できないため、
こういた傾斜加工(テーパー)は手間がかかってしまいます。
ちなみに材はすべて日本の杉材です。
板金の下地になるので、節はあってもいいです。



雨のため配達にも手間がかかってしまいます。
晴れの日ならやらなくてもいい雨養生を材料に施します。


納期があるのでスタッフ総出で雨対策🌧

今回は外部のサッシ廻りの枠材だけですが、
やはり、断面が大きくなると、
積載ボリュームも大きくなります。
注文から実働1週間、なんとかお客様の納期に応えることができました。
ありがとうございました❕

関連記事

  1. 愛知県産材の家

    愛知県産材、普及に関して

  2. 伐採、現場に行ってきました!!

  3. 物件別(邸別)造作材、加工中!!

  4. 造作材加工中!!

  5. ぱっくり割れてしまう「水割れ」の危険性

  6. チーク手すり加工材

    手すり加工

  7. 古い杉丸太

    行き場をなくしたスギ丸太

  8. 加工材、てんこ盛り!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 杉柾目 カウンター材

リンク

あいち里山の木の会
PAGE TOP