フローリング加工

本日、お客様からの預かり材の加工を行ないました。
一般にフローリングや羽目板(ピーリング)などはモルダーという機械を使って
加工します。この機械は、切削する左右上下軸が4~10数軸まであり、刃物を交換する事で
フローリングや羽目板だけでなく窓枠や建具枠など複雑な加工形状に対応できます。
当工場もモルダーは、早、20年もので今なお現役で頑張っている機械です。
基本、造作材を加工する機械ですが、いかんせん年代ものなので微妙な寸法を調整するのは、
一苦労です。
ましてや自社の材料なら多少の失敗は大目にみれるものの、今回お預かりしたものは、
節あり材といえども、木曽桧です。(加工するのに緊張します(^^;; )
刃物調整に時間がかかるものの、調整してしまえば、基本投入口につっこむだけで
仕上がるので大量に作るフローリングや羽目板などの量産がのぞめます。
20121210-224305.jpg

木曽桧です。水銀灯のせいで写真にうまい色合いがでませんが、生節と香りがなんともいえません( ̄▽ ̄)
20121210-224545.jpg

出てくる材料はこんな感じです。4面同時に切削するので1工程で雄実、雌実、裏の反り止の溝加工など出来てしまいます!!
20121210-224810.jpg

仕上がりはこんな感じ。年輪の細かい木曽桧の緻密な木目が出てとても綺麗です。
20121210-223930.jpg

モルダーの全体はこんな感じ。中をあけると各軸に刃物がつけられており取り替え可能なものになっています。
以上、フローリング、羽目板を行う加工工程でした。原板をもってきていただければ、
刃物の形状に応じて賃加工しますので、こちらまでお問い合わせ下さい。

関連記事

  1. スギ構造材、出荷しました!!

  2. 桧、芯去り、無節

    緊張します

  3. JAS認定取得!!

  4. スギ赤身ラフパネル

    国産杉、赤みにごだわったラフパネル人気です!!

  5. 中身も⁉︎重要なんです

  6. 5軸マシニングセンタ、NCルータ

    正月明け、納期せまる階段加工

  7. 杉柾目カウンター材、その2

  8. 杉、ヒノキJAS製品

    JAS製品の監査!!

コメント

    • 丸守木材株式会社 渡邉
    • 2012年 12月 11日

    現代では既製品に頼らざるを得ない時代にこだわりもった人がいることにとても共感出来ます。手間をかけただけ良い物が出来るし、この様な工程を一般のユーザーの方にも分かって頂ければ一番良いですよね★

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 杉柾目 カウンター材

リンク

あいち里山の木の会
PAGE TOP